2021年4月13日火曜日

「紫紺への誇り」 1年 上林豪

 



「紫紺への誇り」

商学部 商学科 1年 上林豪 (セレッソ大阪U-18)


こんにちは。今回、部員ブログを担当させて頂きます。商学部商学科1年の上林豪です。

まず初めに、新型コロナウイルス感染拡大防止にご尽力くださる医療従事者の皆様、関係者の皆様、私達がサッカーを出来る環境を整えてくださる全ての皆様に御礼申し上げます。


明治大学体育会サッカー部に入部し、1ヶ月と数日が経った。この1ヶ月は私の人生の中で最も厳しさを味わい、刺激、学びを得たものであった。そしてそれはこれから先4年間も変わらないだろう。そんな明治での1ヶ月を私なりに書きたいと思う。


明治の強さたる所以、それは一人一人の明治大学体育会サッカー部への自覚と責任、誇りだと私は考える。「紫紺への誇り」だ。大学、アマチュアサッカー界No.1に君臨し続けるという誇り。100年の歴史と伝統、偉大な先輩方の期待と重圧を背負って戦う誇り。部員全員がどんな立場、状況であろうとTOPチーム、スタメンを勝ち取るため日々全力で努力する。そんなチームの代表としてピッチに立つ誇り。その他様々な要素全てが「紫紺への誇り」に繋がってくる。


中でも1年生が任される仕事は、紫紺への誇りを感じるためにとても大切な事だと感じる。ここでいう仕事とはトレーニング前の準備や片付け、当番(寮の管理や電話の受け答え、郵便物の受け取り等)その他にもまだまだ仕事がある。正直、大変だ。覚えなければならない事が山ほどある。日をまたいで学年でミーティングをすることもある。先輩方から厳しい言葉でご指導いただく時もある。だがそれはチームをより良くするためのものであり、主体的に物事を考えるトレーニングにもなる。また、チームへの愛、忠誠心が芽生え、より明治のユニフォームに袖を通しピッチに立つという責任と自覚、誇りを持つ事ができる。


これが明治大学体育会サッカー部だ。日本一のチーム、日本一の組織でこれからも「紫紺への誇り」を持ち、日々成長して行きたいと思う。


次回の1年生のブログ担当は、ヴィッセル神戸U-18出身の藤本颯真です。関西人ですが、上京1ヶ月で標準語になった染まりやすい男です。私生活では周りに流されやすい所もありますが、ピッチ上では熱く戦う頼りになる男です。


拙い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。これからも明治大学体育会サッカー部へのご支援、ご声援を宜しくお願い致します。



2021年4月9日金曜日

「人の気持ちがわかる人間になるために」 2年 井上樹

 



「人の気持ちがわかる人間になるために」
法学部 法律学科 2年 井上樹 (ヴァンフォーレ甲府U-18)


こんにちは。今回、部員ブログを担当させていただきます。法学部法律学科2年の井上樹です。
まず初めに、新型コロナウイルス感染拡大防止にご尽力されている皆様、そして私達がサッカーを全力で取り組める環境を整えて下さっている全ての方々に深く感謝申し上げます。


8月21日この日を迎えられたことに私は感謝している。


いつも通り早朝に起床。いつも通りウォーミングアップを終える。少しばかり調子は良かったが、なんら変わらないTRのことだった。ほんの一瞬の出来事で大きく人生が変わった。体勢を崩した瞬間、「あ、ダメだ」と焦りが生じた。全治8ヶ月の大怪我を負った。


「感謝」

事あるごとに多くの人が口にするこの言葉。本当にその意味を理解できているだろうか。


約7ヶ月のリハビリ生活でこの言葉について誰よりも考え抜いた。完全復帰まで残り1ヶ月を迎えた今の自分にしか分からない素直な考えを述べたいと思う。


「人の気持ちがわかること」が感謝に直結する。


これが、私なりに考え抜いた結果である。人(感謝する相手)の立場に寄り添って同じ気持ちになってみる。そうすることで自然とそのありがたさに気づく。それができて初めて感謝というものが成立するのだと思う。ただ寄り添えと言われたところで、すぐにできるものではない。最も簡単な方法は、自らが「経験」を積むことだ。

・手術後、松葉杖で寮内を歩いた。サッカー以前に、ただ階段を登れるだけのことがどれだけ幸せかに気づいた。健康な身体を与えて下さった両親には感謝しかない。

・毎週末、仲間が試合で必死に闘い成長してる姿のビデオを撮った。選手が気持ちよくプレーしている裏には、とてつもない支えがあったことに気づいた。

・副審をして文句を言われた。審判という役割がどれだけ重要で大変なのか、そしてそのありがたさに気づいた。

明治大学体育会サッカー部が試合時の補助学にどこよりも力を入れている本来の意味が理解できた。これは、明治が誇るべき伝統であり、どこの大学にも負けたくない。


今度は自分が復帰して逆の立場になる。そういう存在がいることは決して忘れたくない。


自分は、このありがたみを誰よりも理解している。それは、これからの人生を強く生きていく上での自信でしかない。だから8月21日にできた貴重な経験には「感謝」している。
怪我して良かった。そう思えるのも怪我をしたから。人生の一つ一つの出来事には、それぞれ大きな意味がある。それをどう捉えるかも自分次第。
だから私は人の気持ちがわかる人間になるために、私を取り巻く全ての人のために、今日もトレルーから本気でリハビリに励みたいと思う。


長文になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。



次回の2年部員ブログ担当は、大宮アルディージャU-18出身の村上陽介です。同じ法学部として、あの広すぎる肩幅はとても頼りになります。彼ならきっといいブログを書いてくれるでしょう。次回もよろしくお願いします。




【過去のブログ】

2021年4月6日火曜日

「明治愛」 3年 木村卓斗



「明治愛」

政治経済学部 経済学科 3年 木村卓斗(横浜F・マリノスユース)


こんにちは。

今回、部員ブログを担当させていただきます。

政治経済学部経済学科の木村卓斗です。


時の流れは早いもので、3年生となり、上級生という立場になった。今シーズンは、明治大学体育会サッカー部にとって、創部100周年の節目のシーズンであり、私にとっても大事なシーズンである。そこで、今年の目標を定めようと考えていた時、ふいに「自分は今、なんの為にサッカーをしているのか」という思いに至った。最初に頭に浮かんだのが、「明治の勝利の為、優勝の為に」という思いだった。その考えに至るまでの経緯を、今回のブログとして伝えさせていただきます。


入部当初の私は「プロの道に進んだ仲間を見返して、絶対ここで成長してプロになる、そして追い越してやる」。その一心でプレーをしていた。明治の勝利の為にプレーをしていたつもりだが、「こんなプレーじゃ自分の夢に近づけない」など、結局は自分のことで精一杯で、常に周りと自分を比べては、焦って悩んだ。

そんな自分とは反対に、私が1年生の頃の4年生は、誰もがチームの為にひたむきに走り、ピッチ内外の全ての選手が明治の勝利の為に闘っていた。「俺は明治が好きで、明治の為に支えてくれている人の為に闘う」。そう言葉にしなくとも、プレーや言動からその想いは伝わってきた。そのひたむきな姿勢を貫き通し、チームは1年間闘い切り、大学サッカーのタイトルを総なめにした。

明治大学体育会サッカー部という組織は、サッカーと人間性を追求し、自分の課題とトコトン向き合う場である。それと同時に、誰か(家族、仲間、スタッフ、スポンサーなど支えてくださる方)の為に、明治の勝利だけを目指し、ひたむきに泥臭く闘う。そんな明治大学体育会サッカー部のあるべき姿を、5冠というタイトルから学んだ。

昨シーズンは、上級生の背中から学んだ姿勢を、自分のプレースタイルに落とし込もうと努め、ボランチという新たなポジションで、ひたむきにプレーを続けた。すると、自分を上手く見せようとか、プロになる為とか、そんな気持ちより、「明治が勝って優勝する為には、自分はどうするべきか」と自然と考えられるようになっていた。

今シーズン、上級生となり、チームを引っ張る立場となった。誰か(明治)の為に、そんな気持ちを抱いて真摯にサッカーと向き合えば、一つひとつのプレーと言動が変わるはずだ。ただ強度の高いプレーや、上手いプレーを体現するだけが、明治大学体育会サッカー部の部員ではない。強い個を追求しながらも、誰かの為に、感謝の念を込めた熱いプレーを体現し続けることがあるべき姿だと思う。それを今シーズンは示し続けたい。「明治ってこうだよ」と、口で言わずともプレーや言動で伝えるために。上級生として、1年生の頃に感じた当時の4年生たちの思いを、誰よりも伝えていく選手でありたい。 

まとまりのない文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございます。まだまだ新型コロナウイルス感染の影響は続いておりますが、明治大学体育会サッカー部のアグレッシブでひたむきなサッカーを通じて勇気や明日への活力を届けられるよう日々精進して参ります。今シーズンも引き続き、明治大学体育会サッカー部への温かいご支援のほど、よろしくお願い致します。


次の部員ブログ担当者は3年の正田徳大です。

彼は生粋のドリブラー。勇猛果敢にドリブルを仕掛け続け、相手の脅威になり続けます。ピッチ外では、明るくポジティブな性格で、周りの人を笑顔にさせます。

「俺、文章とか書くの得意なんだよな〜」

と、自信満々に言っていたのを耳にしたことがあるので、興味深いブログを書いてくれるでしょう!!


【過去のブログ】

「感謝」 1年 木村卓人

「新しい自分と出会い続ける」 2年 木村卓斗



2021年4月2日金曜日

「明治の象徴の象徴として」 4年 石井優輝


「明治の象徴の象徴として」

政治経済学部 政治学科4年 石井優輝(昌平高校)


こんばんは。

今回、部員ブログを担当させていただきます。

明治大学体育会サッカー部主将の石井優輝です。


これから本格的にラストシーズンが始まろうとしています。

この明治大学体育会サッカー部に入って様々なことを経験してきました。今私が感じていることをそのまま書こうと思います。読みにくい部分もあるかとは思いますが最後まで読んでいただけると幸いです。


202119#atarimaeni CUP 2回戦 vs東海大学。PK戦の末敗北し、昨年の4年生の大会を終わらせてしまった。今でも思い出し、自分が出たから負けたと責めることもある。

試合に関わることができなかった4年生を見ると涙が止まらなかった。


この敗戦から約1ヶ月後に新チームが始動した。私は同期からの推薦をいただき主将を務めることになった。

明治の4年生は『象徴』であって、主将の私はその象徴である。それに加えて今年は創部100周年を迎えた。

輝かしい100年の歴史があり、大学サッカーを牽引してきたチームの主将を務めるプレッシャーはもちろんある。実際に先日行われた東京都サッカートーナメントでは震えるほど緊張した。

これまで主将を務めてきた先輩方はこんな緊張の中戦っていたのかと改めて偉大さを感じた。


だが、もうこのチームを背負っていく覚悟はできている。誰よりも声を出し、戦い、厳しさを持つこと。部員全員から嫌われてもいい。それでチームが勝利し成長していけるのなら。下級生には仕事に関しても厳しく接する。それが彼らの人間としての成長、選手としての成長につながることを知っているから。ぬるいプレーをした選手がいるのなら大声で厳しい言葉をかける。その選手に本当の意味で明治を背負う選手になって欲しいから。同期にだって容赦はしない。


でも、これをやる上で絶対にぶらしてはいけないことがある。それは、自分に1番厳しい人であるということ。これがなくなってしまっては私がいる意味がなくなってしまう。だから足が折れようと、頭から血が出ようと、一生サッカーができなくなろうとゴールを守ってみせる。これは何があっても1年間を通してやり通す覚悟だ。


覚悟の話はこれで終わりで、本格的にシーズンが始まる中で伝えたいことを話していきたいと思う。


まずは1.2.3年生。

とにかく失敗を恐れずチャレンジし続けて欲しい。俺はたくさんの失敗を経てここまで成長してこれたと心の底から思っている。みんなの積極的なプレーがチームの勝利に必要不可欠だと思う。失敗したら4年生が助ける。4年生を信じて欲しい。俺らもみんなを信じてる。共に戦おう!


次に4年生。

これまで楽しいことも辛いことも理不尽なことも共に乗り越えてきた。だから俺たちならどんなことでも乗り越えていける。今年が明治の選手として戦える最後の年。後悔がないように全力を尽くそう。そしたら必ず大学サッカーを制することができると信じている。象徴として明治を全国に魅せつけよう!


その次にマネージャー。

マネージャーがいなければこの部は成り立たないと思う。いつもありがとう!これから上手くいかないこともあると思うけど共に乗り越えて行こう!選手はマネージャーと共に戦います。


そしてみんな。

俺たちは明治だ。11人がその責任とプライドを持って1年間共に走って行こう!そしてこのような状況にも関わらず公式戦が行えることに感謝して、観客の皆様や困難な状況にある方々に「勇気」や「感動」、「明日への活力」を届けよう!これが俺たちの使命である。勝つぞ!!!


最後に明治を応援して下さる皆様。

日頃から明治大学体育会サッカー部を応援していただきありがとうございます。皆様の応援が私たち選手の背中を押してくれます。選手一同皆様の応援に応えられるよう精一杯頑張ります!これからも応援よろしくお願い致します。


長くて下手な文章ですが最後まで読んでいただきありがとうございました。


次の部員ブログ担当者は4年の岡庭愁人です。

彼は明治の2番を背負う男で、縦横無尽にピッチを走り回る選手です。寮生活では常にふざけて、パンツで歩き回っています。そんな彼ですが私とは違って素晴らしいブログを書いてくれるはずです。ぜひご期待下さい。


今後とも明治大学体育会サッカー部をよろしくお願い致します。


【過去のブログ】

「夢」 1年 石井優輝

「兄の存在」 2年 石井優輝

「“なぜ”を追求すること」3年 石井優輝

「紫紺への誇り」 1年 上林豪

  「紫紺への誇り」 商学部 商学科 1年 上林豪 (セレッソ大阪U-18) こんにちは。今回、部員ブログを担当させて頂きます。商学部商学科1年の上林豪です。 まず初めに、新型コロナウイルス感染拡大防止にご尽力くださる医療従事者の皆様、関係者の皆様、私達がサッカーを出来る環境を整...